御社にぴったりの助成金を見つけて経営強化の応援をします - 厚生労働省委託 雇用保険コンサルティング事業

後援:茨城県、茨城労働局、財団法人茨城県中小企業振興公社、茨城県中小企業団体中央会、、茨城県商工会議所連合会、茨城県商工会、茨城県法人会連合会、茨城県中小企業家同友会

菅野哲正の写真

 茨城県社会保険労務士会所属の、社会保険労務士・菅野哲正と申します。
(菅野労務FP事務所・所長、株式会社グローリレイション・代表取締役)

 厚生労働省受託の雇用保険コンサルティング事業の平成22年度重点指導員を拝命しております。

期間限定

最新情報

  • 2010年11月30日
     平成22年度茨城県における雇用保険コンサルティング事業は完了しました。
  • 2010年10月20日
     『助成金の基礎知識及び経営に役立てたい公的支援策』のセミナー(つくば会場)開催。
  • 2010年10月6日
     『助成金の基礎知識及び経営に役立てたい公的支援策』のセミナー(石岡会場)開催。
  • 2010年10月1日
     『助成金の基礎知識及び経営に役立てたい公的支援策』のセミナー(ひたちなか会場)開催。
  • 2010年7月27日
     雇用保険コンサルティング事業のサイト公開開始! 個別相談申込FAXダウンロードできます。
  • 2010年7月25日
     雇用保険コンサルティング事業の後援団体確定! 関係団体のみなさまありがとうございました。

雇用保険コンサルティング事業とは

 雇用保険コンサルティング事業とは、厚生労働省の委託を受けて全国社会保険労務士会連合会に登録された、雇用保険重点指導員(社会保険労務士)が中小企業経営者の皆様に雇用保険制度による助成金・給付金等のご相談を無料で行うものです。

 茨城県では雇用保険重点指導員として2名が登録されております。

 おかげさまで、当2010年度は私こと菅野 哲正(かんの のりまさ)が登録されました。

 重点指導員は県南部と県北部のバランスを考慮し以下の2人が任命されました。

県南(石岡市)菅野労務FP事務所・所長 菅野哲正
県北(日立市)藤枝経営労務コンサルタント事務所・所長 藤枝弘行

 この事業は、『個別無料相談』 と 『無料セミナー』の2通りがございます。

 ご説明の証として会社の印鑑をいただきますが、参加費・講習費などの費用は不要です。

 個別無料相談 と 無料セミナーのそれぞれについてご説明いたします。

雇用保険コンサルティング事業の茨城県社会保険労務士会発行のチラシは以下からダウンロード下さい。

雇用保険コンサルティング事業チラシ

1.訪問相談(無料)

 お申込みを頂ければ、雇用保険重点指導員(茨城県社会保険労務士会会員)である菅野哲正(かんののりまさ)が個別の無料相談をお受けいたします。

 個別無料相談は当方にお越しいただくか、訪問の上実施させていただきます。

 お時間は1時間ほどを予定しており、先着30社まで受け付けさせていただきます。

 期間は2010年11月末までとなっておりますので、ご希望される会社様はお急ぎ下さい。

2.集団セミナー(無料)

つくば研究支援センター会場

完了しました

開催日時:10月20日(水)
日 程:助成金セミナー 14:00~
個別相談会 15:30~
場 所:つくば研究支援センター2F
募集数:50社

つくば研究支援センター会場の詳細及び申込用紙は以下からダウンロード下さい。

「助成金セミナー」つくば研究支援センター会場申込用紙

石岡会場

完了しました

開催日時:10月6日(水)
日 程:助成金セミナー 14:00~
個別相談会 15:30~
場 所:石岡商工会議所サポートワン5F会議室
募集数:50社

ひたちなか会場

完了しました

開催日時:10月1日(金)
日 程:助成金セミナー 14:00~
個別相談会 15:30~
場 所:ひたちなか商工会議所会館5F
募集数:50社

参加方法

 ご参加希望の経営者様は、参加したい会場にFAX送信をお願いします。

 FAX番号は申込書に明記してあります。

申込書のダウンロード

御社にぴったりの助成金を見つけます!

 厚生労働省関連の助成金は約60種類準備されており、経営課題の解決に資するような施策がかなりの数用意されております。

 例えば、売り上げが下がってしまい人件費を削減したい場合に使える助成金や、従業員の教育訓練に使える助成金、1人雇用することで100万円もの奨励金がいただけるなど、この厳しい時代に利用したいものが多々あります。

 しかし数がたくさんあることで、理解が困難な状況となっていることも事実です。

 そこで、中小企業に関連が深く、利用価値のありそうな、御社にぴったりな助成金を選ぶお手伝いをしながら、御社の経営課題について共に戦う姿勢でご相談に応じます。

 厳しい経営環境が続く中、勝ち残る経営策の一環として、公的助成金を活用した積極的なマネジメントのご提案を受けてみてはいかがでしょうか。

 助成金等でこの時代を勝ち抜きたい経営者・経営幹部の方々のお申込みをお待ちしています。

 参加希望の経営者様は、以下よりチラシ兼申込書をダウンロードいただき、必要事項をご記入の上、FAX送信ください。

申込書のダウンロード

お気軽にお申込み下さい

 なお、この事業は厚生労働省から委託されて行う公益事業なので、顧問契約等は相談後においても必要無く、どうぞお気軽にご利用下さい。

 雇用保険事業の各種助成金・給付金制度を有効に活用して下さい。

 相談事例を下記に記します。

雇用保険事業(雇用継続給付及び二事業等)の内容、申請手続きに関すること

雇用保険事業の活用ができるような条件整備に関すること

具体例は次の通りです。

  • 失業の予防・雇用の維持等
  • 雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成金
  • 新規・成長分野雇用創出特別奨励金等
  • 能力開発・人材育成キャリア形成促進助成金等
  • 高年齢者の雇用の維持・拡大について
  • 継続雇用定着促進助成金、労働移動助成金等
  • 仕事と家庭の両立 育児・介護雇用安定助成金等
  • 中小企業短時間労働者雇用管理改善等助成金等
  • 障害者雇用継続助成金等
  • その他特定求職者雇用開発助成金

後援団体について

 今回は多大なご理解を賜り、以下の団体様にご後援をいただきました。

 本当にありがとうございました。

平成22年度「茨城県雇用保険コンサルティング事業」後援団体一覧

  • 茨城県
  • 茨城労働局
  • 財団法人茨城県中小企業振興公社
  • 茨城県中小企業団体中央会
  • 茨城県商工会議所連合会
  • 茨城県商工会連合会
  • 茨城県法人会連合会
  • 茨城県中小企業家同友会

後援をいただいた背景の思想

 雇用安定のお役に立ちたいと心から願い、この雇用保険コンサルティング事業に傾注しようと、意気盛んにして後援を訴えさせていただき、関連諸団体のみなさまにご理解をいただけた結果です。

 雇用問題・労務管理・人事管理のプロである社会保険労務士が、中小企業の雇用面でのノウハウやソフトという側面でのサポートを通じ、地域の雇用に少しでも寄与したいとの願いを込めまして、当該事業の後援名義使用の申請をさせていただきました。

よくある質問 - 厚生労働省受託の雇用保険コンサルティング事業

他の無料相談とはどう違うのですか?

 確かに他でも無料相談会の開催を良く耳にします。社会保険労務士事務所が単独で実施している場合もあります。

 当方でもそのようなイベントを実施する場合がありますが、それは正直に申せば営業の一環であることが通常です。

 この雇用保険コンサルティング事業は、厚生労働省から活動費をいただいての業務になりますので、相談そのものが業務であるということが、他の無料相談会と一線を画すものです。

 相談自体に対しまして、持てる専門知識をフル稼働させ、解決の道筋を懸命に示すことがこの事業で要請されていることになっております。

期限や限定数などについて詳しく教えて下さい。

 上記に明記してあります通り、この平成22年度は11月一杯で完了です。

 また厚生労働省より、指導員一人あたり30社という目標となっており、11月末を待たずとも、指導員が30社をこなしたら、そこで打ち切ることとなっています。

 もし大好評で、枠がすぐに一杯になってしまいましたら、また社会保険労務士会として検討してもらうよう働きかけます。

近接の県の経営者を紹介してもいいですか?

 申し訳ございません。この事業は各都道府県に重点指導員がおりまして、当方で業務に就けるのがあくまで茨城県内となっております。

 県外の企業様につきましては、その該当する都道府県の重点指導員をご紹介させていただきます。

個別相談会と集団セミナーのどちらを選べば良いですか?

 基本的には個別相談会を強くお勧めしております。

 助成金は数がたくさんありますし、企業様の課題も多岐に渡っておりますので、助成金を企業様の経営課題解決に役立つように検討するとなると、一律的ではなく、一対一の個別対応が望ましいからです。

 自社の課題や方向性がぼんやりとでも見えているのであれば、個別相談会をご用命下さい。

 また助成金てそもそも何だろうとか、基本的な知識から学習したい場合や、複数の親しい経営者と共に聞いてみたいケースにおきましては、集団セミナーをお勧めします。

集団セミナーでも個別相談会を実施するのですか?

 はい、集団セミナー開催後に個別相談会を受け付けます。

 ただし時間は1社15分程度を予定しており、通常の個別相談会よりは時間は短く設定させていただきます。

 参加者が多く予想されるのと、会場自体の時間制限等で時間を短く設定せざるを得ない点につきまして、どうぞご容赦願います。

集団セミナーでも印鑑が必要ですか?

 いいえ、集団セミナーにおいては印鑑は必要ございません。

 会社から印鑑を持ち出すのは不可能に近いと思われますし、受講の確認だけとれればOKです。

 セミナー後に簡単なアンケートのご協力をお願いいたします。

受講者は会社の中で誰でもいいのですか?

 いいえ、経営者ないしは経営者の代理が務まる役員などの役職者でお願いいたします。

 事務担当者の同席はOKですが、事務担当者のみの受講は原則として受け付けておりません。

 これは企業における大きな意思決定が予想されるのと、その後に雇用にぜひ生かして欲しいという趣旨があるからで、単なる手続上の問題だからでは無いからです。

 ぜひとも経営者自らの受講をお願いし、経営者が多忙となれば、その代理としては役員等の役職者に受講していただくようお願いします。

雇用保険コンサルティング事業はどの会社でも受講できるのでしょうか?

 いいえ、社会保険労務士と顧問契約をされている場合は、この事業による相談・援助は受けられません。

 顧問の社会保険労務士にご相談をお願いします。

 ただし顧問社会保険労務士の承諾を得ていれば受講は可能です。

 もし顧問の社会保険労務士が、助成金に全く自信の無いケースにおきましては、顧問社会保険労務士に承諾をもらってからお申込み下さい。

印鑑は個人の認印でいいのですか?

 受講の証明として会社の印鑑をいただきますが、この印鑑は社印をお願いしております。

 具体的には、会社名称・所在地・電話番号・代表社名の入ったゴム印を押していただき、そこに会社の正式な印鑑を押していただきます。

 実印である必要はございません。

 社印を押せない企業様につきましては、お申込みを見合わせて下さい。

従業員がまだいなくて雇用保険に加入していなくても受講できますか?

 はい、受講可能です。

 この雇用保険コンサルティング事業は、雇用保険そのものを周知するという狙いもございますので、いずれ従業員をお雇いになる際に、なくてはならない知識を提供させていただきますので、遠慮なくお申込み下さい。

創業予定の場合も受講可能ですか?

 はい、創業予定の場合も受講可能です。

 上述の雇用保険に加入していない場合に準じまして、いずれ従業員をお雇いになる際に、なくてはならない知識を提供させていただきますので、遠慮なくお申込み下さい。

 ただ会社の印鑑はいただきますので、11月末までに社印を準備できない場合は、恐れ入りますがご遠慮願います。

実際に助成金を申請することになっても無料で支援いただけるのですか?

 いいえ、実際に助成金を申請する際には別料金となります。

 この雇用保険コンサルティング事業は、雇用保険に係る雇用事業等をしっかりと説明することまでの内容となっておりますので、相談業務の後に出てきます申請支援につきましては、別途料金をいただくことになります。

 助成金の申請事務は煩雑で量も多いので、無料ではとても対応できないことをご理解下さい。

 またご注意いただきたいのが、この「雇用保険コンサルティング事業」の対象としての相談案件を実施した企業様は、当方で助成金代行支援ができないこととされております。

 もし当方をご用命いただくときには、この重点指導員が終了している次年度まで待っていただくようになります。

 お急ぎでしたら、他の社会保険労務士をご紹介という対応をさせていただきます。

 申請支援に関しましては、御社の就業規則や労務帳簿の整備状況にも大きく左右されることになりますので、助成金の難度や御社の整備状況に即したお見積りをご提出させていただきます。

 申請支援のメニューにつきましては、格安のメニューも用意しておりますので、遠慮なくお問い合わせ下さい。

雇用保険コンサルティング事業(厚生労働省委託事業)の趣旨

 中小企業は、大企業と比較して雇用保険制度の各種事業等に関する情報が不足し、その事務能力が十分ではない場合が多いものです。

 これは人材の有無や資本等を考えるとやむを得ないこともあるわけです。

 いわゆる専門部署や専門の人材を配置できないということになりますから。

 このため厚生労働省では、全国47都道府県に雇用保険の専門的な知識を有する雇用保険活用コンサルタント(社会保険労務士)を配置し、雇用保険活用相談室の開催等を通じ、中小企業に対して雇用保険制度の各種事業の活用方法及び申請手続き等に係る相談等援助を実施しています。

 利用しない手はありません。

申込書のダウンロード

ご注意

 社会保険労務士と顧問契約をされている場合は、この事業による相談・援助は受けられませんので、顧問の社会保険労務士にご相談下さい。

厚生労働省委託 雇用保険コンサルティング事業 ありがとうございました


朝礼用教材としても社内教材としても使えるスピーチ集が大好評です

 部下を指導し、監督するトップの方々は日々のスピーチの題材にはお困りであろうと思います。

 そんなお困りを解決すべく、当社では、 誰にでも使いやすく、ご自身の言葉に置き換えて利用できるように加工しやすいワード形式の「朝礼用スピーチ集」の販売しています。

 ビジネスの場面に限らず結婚式や研修、各種会合など状況を選ばず使える10日分のスピーチ集が収められています。

 豪華な特典のノウハウ集も見逃せないところです。

 組織内にいるみなの心のベクトルを同じ方向に向け、そしてやる気を引き出すスピーチ、講演力はリーダーに欠かせない必須の要件です。

 社内打合せの場面でも縦横無尽に力を発揮できるような教材をピックアップし、リーダーの後押しをいたします。

 詳しくは次のリンクからどうぞ。

無料の経営マネジメントレポートはいかがですか

 経営者向けの経営レポートを月1回定期的に発行しています。
 ひとマネジメントをメインとしたレポートであり、数多くの企業から寄せられた、『ヒト』に関するご相談の中から経営者様とご一緒に努力して見つけた、中小企業の『人材活性化のポイント』をわかり易い事例にまとめたレポートとしてシリーズで発行しています。
 また、セミナーや企業研修で使用した資料等も提供します。

 当月の最新号だけ、無料ダウンロードサービスを行っています。

 バックナンバーは1部500円で販売しております。
 最初の2レポートは無料でサービスしておりますので、遠慮なくご利用下さい。

 詳しくは次のリンクからどうぞ。

 バックナンバーの販売は以下からどうぞ

助成金の無料メールマガジンはいりませんか

 当事務所では無料の助成金メルマガを、まぐまぐから月2回発行しています。どうぞご利用下さい。

まぐまぐトップページへ

バックナンバー

会社案内と代表・菅野哲正のプロフィール

株式会社グローリレイション、労務士事務所をご案内します。
そして菅野哲正とは次のような人間です。

菅野労務FP事務所のご案内

事務所所在
住所 〒315-0037 茨城県石岡市東石岡3-1-30-B
電話 0299-26-9188  FAX 0299-56-4887

 平成15年1月に独立開業し、労務問題や労務トラブルを多数解決しました。
 就業規則のみではなく、社内帳票の工夫などで運用をヘルプします。
 採用面接、退社説得が大得意としております。

株式会社グローリレイションのご案内

会社名  株式会社グローリレイション
会社所在
住所 〒315-0037 茨城県石岡市東石岡3-1-30-B
電話 0299-56-4888  FAX 0299-56-4887

 企業における、“ひとマネジメント”や“助成金獲得”に関連するコンサルティングを実施。

 代表の保有資格は、社会保険労務士、1級FP技能士、CFP。

得意分野は人事労務管理支援、営業支援、幹部教育、業務改善、助成金コンサル

菅野哲正プロフィール

菅野哲正の写真33才

 昭和42年10月、福島県いわき市で生まれ育ち、
 福島県立磐城高校、茨城大学 人文学部 社会科学科卒業
 三井生命保険相互会社で12年勤続後独立、三井生命時代は12年のうち6年を営業所長を努め、都合9年間を営業現場で過ごす。
 秋田 → 土浦 → 柏 → 宇都宮 → 神戸と勤務する。

 磐城高校時代は野球部に属し、甲子園出場を果たす。
 同学年に桑田選手や清原選手がいた。
 てんびん座、血液型はB型

★社会参画活動
 (社)石岡青年会議所(石岡JC)に属し、2007年は副理事長
 石岡商工会議所青年部(石岡YEG)でも、2007年に副会長

 また磐城高校野球部は2006年に創部100周年を終えたが、その記念事業の準備で、その実行委員会のメンバーとしても忙しくしていた。

★保有資格
 社会保険労務士、CFP(上級国際資格)、FP1級技能士、etc

 経営者向けの機関紙に、助成金関連の執筆を連載したこともあり、助成金、とりわけ厚生労働省関連の助成金支援には定評がある。

 法的なポイントを押さえた労務管理はもとより、人の心を伸ばす育成手法を具体的な様々な手法で経営者にアドバイスしている。
 奇抜なようで本質を捉えた指導に好評を博している。

菅野哲正&渡部裕司
遠慮なく確認ください

このページの先頭へ