統合ISO(9001&14001)取得で経審・入札・総合評価アップ

建設業様向けの統合ISO(9001&14001)取得のコンサルを特別限定で実施します。経審・入札・総合評価における加算点アップで格付のランクアップを果たして下さい
あと「3社」になりました
菅野哲正メインイメージ

茨城県で中小企業支援をしております菅野哲正(かんののりまさ)と申します。
社会保険労務士を保有し、(株)グローリレイションの代表をしております。
当ページをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

平素は、人事労務・業務改善・助成金コンサル、営業支援、教育支援を実施しています。
事務所案内や人物プロフィールは下部にあるリンクからご確認いただければ幸いです。

「経審、入札加点、総合評価加点のためのダブルISO」
いわゆるISO9001&ISO14001の統合認証をご提案いたします。

 結論から申し上げます。

現時点(2017年10月17日 (Tue) 18:50)にて、当社はISO統合コンサルを、
あと「3社」受託できる余力がありますので、特別価格で募集いたします。

 今まで次のようなことを、お考えではありませんでしたか?

  • 経審の加点を狙って、もうワンランク上の格付けを狙いたい
  • 入札における主観点加算でISOがもう一つ欲しかった
  • 総合評価方式の工事をとりに行くのにISOもう一つあれば神の領域だ
  • 会社のさらなるイメージアップを図りたい
  • わずかな負担アップでライバルを出しぬいて駆け抜けたい!
  • 品質・環境・安全とムダ無く漏れなく業務構築したい
  • 業務のムダ取りをしてコスト削減を実現したい
  • これからの厳しい時代を勝ち抜ける会社としてヒントが欲しい

日常の忙しさに追われながらも、こんなことが頭を過ぎっていませんか。

 当社は昨年度だけで、建設業様の統合ISO取得に3社お手伝いさせていただきました。

 そこで得た貴重な体験を元に強く分かったことがあります。

 それは、わずかな負担、わずかな審査費用のアップで、ダブルISO認証が十分に可能だということです。

今回ご案内する統合ISO(9001&14001)取得コンサルの概要

特別限定サービスの料金

 当社でご提案するコンサル概要は次の内容となります。

  • 料金ですが次のように設定します。
    • 通常コンサルで80万円
    • 文書作成代行を加えれば20万円プラスの合計100万円

※ この料金設定は、現在片方のISOが動いていることを前提にしています。

料金に含まれるコンサルの内容

  1. 御社の現状の文書体系や運用状況をヒアリング
  2. スムーズに認証可能な状況のシミュレーションとその共有
  3. 当社から文書や様式類の雛形データ提供
  4. 当方から訪問してのお打ち合せと文書の修正
  5. 内部監査講習の実施
  6. 実際の内部監査の同席しての支援
  7. マネジメントレビュー資料を一緒に作成する
  8. 審査前の入念な準備とトレーニングの実施

オプションで次のようなメニューを用意しています

  1. 御社のホームページの修正と運用アドバイス
  2. 自社ブログの構築と運用アドバイス
  3. SNS、いわゆるツイッターやフェイスブック等の上手な使い方アドバイス
  4. 環境レポートの雛形提供や作成代行
  5. 電子化に向けた自社サーバーの構築
  6. 使える無料プログラムを活用した、とにかく安い業務システム構築
  7. 助成金が得意な会社ですので、使える助成金があればその活用提案や手続代行
  8. 記録を楽にするための音声や動画を上手に使ったクラウドサービス活用助言

ダブルISO認証のお客様の声と進め方のポイント

「大きく加点が入りランクアップが成功しました!」

経審・入札・総合評価の点数が大きくもらえてハッピー! とにかくラッキー!

「ISOダブル認証のおかげで格付けが上がり、業績回復の道筋が見えました。」

これは、実際に私の関与先での出来事です。

 当社で関与している建設会社様は、企業規模およそ10名~100名です。
 昨年ダブル認証に携わった規模で申し上げますと、
 およそ10名、50名、100名とちょうどバラけました。
 100名未満であれば、だいたい肝が一緒なことが良く分かりました。

「効果も上がって、本当に助かった」と喜んでいただいたのが、凄く嬉しかったです。

建設業におけるISO推進の重要ポイント

 建設業におけるISO推進の重要ポイントざっくりと申し上げますと、

  1. とにかく「施工計画書」をベースにその質を上げる
  2. 日常の記録は「日報」を十分に活用する
  3. 発注者の行政に提出しなければいけない書類に傾注しマニュアルを作る
  4. 環境マネジメントは「産業廃棄物」管理であり、その管理を徹底する
  5. 規格の要求しない余分な文書類は省くことに注力する
  6. 様式をとことん工夫し仕事のしやすい記録状況を構築する

 元請をメインで行なっている建設会社さんは、そんなに難しくありません。

 むしろ「竣工検査」のほうが大変であり、それに注力すべきです。

現場は「竣工検査」に傾注したルールを策定させます。

 ただし注意すべきは、ISO事務局は大変になる可能性があることはご認識下さい。

 ダブルISOといっても統合マニュアルで重複を避け、

  • 現場においては「竣工検査」対策を十二分に図り品質を守る
  • 余分な労力を避けるように記載様式をとことん工夫する
  • 安全衛生マネジメントも通常実施をきちんと記載して安全を守る

 ということになります。

こうした重点ポイントを押さえるのに当社があります。

 上記作戦において、新たな財源は当社へのコンサル費用と「審査費用」の上乗せです。

「審査費用」が重しに感じられるかもしれませんが、

当社提携の審査会社は、
なんと片方の1.3倍の料金で統合審査を可能にしています。

 万全な準備が必要になりますので、まずは進め方について理解を深め、私どもなどの専門家としっかり打合せ・すり合わせが必要となります。

あと「3社」になりました

お問い合わせ

厳しい時代を当社の提案するISO統合認証作戦で乗り越えてください

菅野哲正の写真33才

厳しい時代を乗り切る為に!

 現在のような、厳しい経営環境においては、利用できる制度の活用は、企業の評価に大きく貢献するはずです。

 今回のご案内する手立ては、御社が生き残れる会社として重宝なツールたりえます。

なんとISOはこんなにも付き合いやすいのか・・・

現場においては「竣工検査」に傾注していればISO規格は満たします。
あとはその内容をマニュアルや諸規程にしっかりと記述することです。

今まで実施していたISOはなんだったんだ!

自分のお付き合い先でも、初期に取り組んだ会社さんはけっこう重い決め事になっていました。仕事を問題なくこなしているということは、規格を満たしているからであり、改善の道具としてどう使うかという意識を強く持つことで、本当にISOとの付き合いは劇的に変化します。

経審・入札・総合評価アップのためにもっと早く実施すればよかった

費用負担や労力負担が前に進めない大きな要因だとお察しします。
しかし大きな工事を受注出来れば問題は解決ですね。
また、審査費用も安く可能な会社を紹介します。
ダブルISOで片方の約1.3倍という実際の事例がありましたので、見積は取ったほうがよろしいです。

そんな声が聞こえてきそうで、ワクワクしています。

当社は、経営者が日常業務で抱えている問題を解決するサポート体制を心がけています。

統合ISO(9001&14001)取得すれば経審・入札・総合評価における加算点アップができ、こうすれば勝者間違いなし・・ 料金

御社を繁栄させるために
↓ ↓ ↓
(株)グローリレイションにISO統合コンサルをすぐにお問い合わせ下さい

あと「3社」になりました
このエントリーを含むはてなブックマーク  

次のコンサルや支援メニューも人気です

2012年09月新メニュー
BCP(事業継続)構築コンサル 国交省入札の更なる加点に!
2013年01月人気
助成金・補助金獲得サポート 経営資金を力強くサポート!
2013年01月クール
茨城県界隈での給与計算代行・アウトソース お手軽にどうぞ
2013年01月クール
就業規則や賃金規程の制定や見直し ISOのより効果的運用に
お問い合わせ

このページの先頭へ