イメージ画像

爆発的に売るセールスレターの秘訣 写経

爆発的に売れるセールスレターを書けるようになる秘訣とは

 その方法とは、
 『売れているセールスレターをひたすら写経(しゃきょう)する』

 これだけのことです。

 ”写経”という言葉をご存知ですか?

 お坊(ぼう)さんたちがお経を書き写していたことに由来する言葉で、文章を書き写すことを言います。

 つまり、ここで言う写経とは、
 売れているセールスレターを片っ端から紙に書き写す作業を言います。

 ただし、想像に難くないとは思いますが、
 この作業は、“普通は”とても時間がかかります。

 この時間のかかる作業をできるだけ効率化し、
 なぜ売れる文章を書くのに写経が有効なのか?
 本当に、写経をするのが売れる文章を書くのに必要なのか?

 そのことについて、お話したいと思います。

 コンサルティング活動をしていて、これは実感していることなのですが、
 多くの方が、売れる文章を書けるようになるため、
 コピーライティングに関する書籍や、情報商材を買って勉強したり、セミナーなどに参加して、一生懸命、知識を吸収しようとされます。

 このことについては、まったく否定もしませんし、すごく大切なことです。

 しかし、これだけでは、当然、売れる文章を書けるようになりません。

 なぜだか分かりますか?

 それには理由があるのです。

 それは、いくら、
 売れる文章の書き方を、テクニックとして覚えたところで、
 いざ、自分で文章を書こうというときに、
 どういう風に文章を書いていいのか、わからないからです。

 少し分かりにくいと思うので、もう少し詳しく説明します。

 売れる文章を書くようになるために、必要な教材は腐るほどあります。

 しかし、それらを読んで学習しても、
 自分がいざ文章を書くときに、どう書いていいのか分からない。

 その理由は、こういうことです。

 多くの人は、自分がどのように文章を書いているのか、自分の癖を理解していないからです。

 普段、文章を書かない人でも、
 普段の話し方や、ものの伝え方が、そのまま文章に表われてしまうものです。

売れる文章が書けない方は、抜本的に、
文章の書き方を変える必要があります。

 しかし、それは、自分の癖になっているので、自分で気付くことすらできません。

 書籍や情報商材、セミナーでフォローできる部分ではないんですね。
 自分で気付くしかないのです。

売れる文章を自分に落としこむ

 売れる文章を自分で書けるようになるには、
 売れる文章をまねして、
 それこそ、血肉となるまで、徹底的に、自分の中に落とし込む必要があります。

 そして、自分の間違った癖を見抜き、改善し、売れる文章へと変貌させていく。

 この血なまぐさい努力が、絶対に必要なのです。

 そのために、必要なツールが、写経。

 売れる文章を徹底的に書き写して、自分の癖を改善し、売れる文章が自分の血肉となるまで落とし込む。

 この作業が、絶対に欠かせません。

 当然、この作業には時間がかかります。

 時間がかかるからこそ、ほとんどの人がやろうともしません。

 簡単にできそうなテクニックの吸収に走ります。

 でも、もともとの自分の文章が売れる文章で書かれていないため、テクニックの取り込みようがありません。

 数学を理解できない小学生が、微分積分を覚えようとするようなものです。

 だから、いつまで経っても売れる文章が書けるようにならないのです。

 何度も言うようですが、売れる文章を書くには、

 売れる文章をまね、
 自分の癖を改善していくという作業が、
 まずは、どうしても必要なのです。

写経に潜む危険性とは?

 ただ、写経というのは、やり方を間違うと危険です。

 この写経の危険性を知っておかないと、写経をやり始めたあと、とても大変なことになります。

 体験談を元に、次にその”写経の危険性”についてお話します。

 続きは以下のリンクを辿ってご覧下さい。

mixiチェック このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに登録

関連記事 (カテゴリー:おすすめ情報・ツール)

ただいまの特別オファー!


このページの先頭へ