城里町の大自然のレジャーがぎっしり。郷土工芸品の素晴らしさを堪能。

 こんにちは。 突撃取材隊4号のかつーんです。
 これからますます暑くなってくるこの時期にぴったりの城里町のオススメスポットをご紹介したいと思います。

森林のオアシス、ホロルの湯でゆったりくつろぐ

 まずは、ふくろうの親子が目印の「ホロルの湯」です。

ホロルの湯看板

ホロルの湯建物


 ホロルの湯では、大浴場や露天風呂、室内温室プール、幼児プール、サウナなど子供から大人までみんなで楽しめる温泉施設です。
 やっぱり、日本人は温泉が好きですよね。周りを見渡すと自然で囲まれており、そこで入る温泉は心も体も癒されるまさに自然のオアシスですね。
 さらに、食事処では城里町ならではの滋味あふれる料理が楽しめますので、1日中楽しめる場所だと思います。
 暑さでバテ気味の体に城里町の癒しの空間、ホロルの湯オススメです。

ホロルの湯

森の中であそぶ・食べる・泊まるならふれあいの里!

 ホロルの湯からほど近い場所にある「ふれあいの里」では大自然の中であそぶ・食べる・泊まるなど自由気ままに楽しめるキャンプ場です。

ふれあいの里看板

 四方八方にキャビンがあり、木々の木陰がとても涼しげさをもたらしてくれます。
 また、キャビンのほかにオートキャンプ場もあり、テントで泊まるもよし、キャビンで泊まるもよしです。

ふれあいの里キャビン

 少し、歩いてみると天文台がありました。

ふれあいの里天文台

 大自然の中に広がる満点の星空はさぞかしきれいでしょうね。
 これからの時期は夏の大三角を見てみたくなりますね。

 また、子供が遊べる遊具もありました。一番びっくりしたのが森の中に突然出現したこちらのくじら。

 なかなかの迫力です。口の中にすっぽり入れちゃいます。

ふれあいの里くじら

 他にもバーベキュー場やテニスコート場、野球場など休日を利用し大自然の中で楽しめるものが盛りだくさんの「ふれあいの里」でした。

ふれあいの里

節句の工芸品を取り扱われている小佐畑人形店さん

 城里町で地域資源を活用されていらっしゃる方がいらっしゃるということで小佐畑人形店さん・桂ひなさんにお邪魔させていただきました。

小佐畑人形店

桂ひな看板


 小佐畑孝雄社長にお話を伺うと、今の時期はお盆に向けて盆提灯の繁忙期ということでお店にはたくさんの盆提灯が並んでいました。
 様々な種類の盆提灯があり、どれもほのかな光が暖かな和らぎを与えてくれます。

盆提灯1

盆提灯2


盆提灯3

盆提灯4


 いろいろな形の盆提灯がありこんな盆提灯もあるんだと知ることができ、新たな勉強をさせていただきました。

 現代盆提灯の「スティル ブルーブラック」という商品です。

現代盆提灯「スティル ブルーブラック」

 コポコポと泡で出て中にある花びらに反射してとてもきれいに光っていました。現代の盆提灯ではこのようなものが流行しているのですね。

地域資源活用事業計画に認定されている桂雛さん

 桂の雛人形は平成3年に茨城県郷土工芸品の指定を受けています。また、地域資源の事業計画にも認定を受けていらっしゃいます。今では節句の季節にしか雛人形は見る機会がありませんが、小佐畑社長はこれを日常的にインテリアとして飾ってもらえるようにしていきたいと熱い気持ちを伺うことができました。
 本日は時間の都合上、あまりお話を伺うことはできませんでしたが、突然の訪問にも関わらず、小佐畑社長にはとても丁寧にご対応いただきました。とてもお人柄が良くもてなしの心を感じることができました。
 次回伺った際は桂雛の魅力についてぜひ勉強させていただきたいと思います。

以上、かつーんがお伝えしました。

コメントを残す

おススメスポットやおもしろ情報がありましたら、ぜひ教えてください。
取材に可能な限り伺います! 皆様と共に茨城の魅力を伝えたいと念願しています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ