Read Article

にんじん

茨城県の人参

グループ石岡中央青果市場の人参は行方、小美玉、鉾田地区が中心となり、11月から3月にかけての出荷となります。あまり人参に対して旬を意識することは無いかもしれませんが、秋冬人参は食味が優れています。

人参が多く出回る時期

秋作  11月~3月
春作  5月~6月

人参の見分け方

全体がなめらかなオレンジ色で皮に張りのあるもの。肩の部分が緑がかったものは避けたほうがよいでしょう。葉の切り口の軸は小さいほうが果肉がやわらかい傾向にあります。切り口の軸が太いと芯の部分が太く果肉もかたい可能性があります。

人参の保存方法

冬は新聞紙などに包んで冷暗所で保存します。春~秋はポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ。にんじんは水気があると傷みやすいので表面の水気をふきとってから保存しましょう。葉付きのものはすぐに葉をカットします。そのままにしておくとにんじんの栄養が葉に奪われ、味が落ちてしまいます。葉を食べる場合はなるべく早く調理しましょう。

人参の食べ方

カレー、シチュー、煮物、炒め物、サラダ、漬け物、スープ、ジュース、ケーキなど。にんじんは皮の部分に栄養が詰まっているといわれます。食感が気にならないなら、しっかり洗って皮ごと調理するとよいでしょう。

旬菜ichiba陣屋門のシェフおすすめメニュー

人参コンニャクのきんぴら

新鮮な人参を使ったメニュー

お問合せ

<スーパー・飲食店・病院・介護施設の方>
食材の仕入れ【アイ・エフ・シー】
TEL 0299-24-1601 FAX 0299-23-5821
<お食事の方>
レストラン部門【旬菜ichiba陣屋門】
 TEL 0299-56-4088

<生産者の方>
地場の野菜・果実を扱う卸売市場【石岡中央青果】
TEL 029923-6121 FAX 0299-23-8252

詳しいお問い合わせはこちら

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top