Read Article

なす(あのみのり)

茨城県産のあいみのりを出荷頂いています

高品質で省力栽培のできるナス「あのみのり」。あのみのりは春と秋に出荷の時期を迎えますが、一番の旬の時期は5月から9月ですです。形は長卵型で光沢のある黒紫色です。通常のナスと比べて種が無くアクが少なく甘みがあり果肉がしっかりしているのが特徴のナスです。着果促進処理(ホルモン処理)をしなくても着果は安定、作業効率アップのうえ終了も「千両2号」と同等な成績が得られます。果実品質が良好で色艶よく、調理・漬物ともに「千両2号」より適正が高いです。 グループ会社の石岡中央青果で取り扱う産地は、小美玉・鉾田地区で、市場に出荷している生産者さんは小美玉・鉾田地区の組合と鉾田地区の組合です。主に県内の取引スーパーに提供しています。

あのみのりが多く出回る時期

  • 4月下旬から7月下旬
  • 9月下旬から10月下旬

茄子の見分け方

皮が濃い紫色で、張りとツヤがあり、ふっくらしていて同じ大きさなら重みのあるもの。ヘタの切り口がみずみずしく、トゲがピンととがっているものが新鮮です(トゲのない品種もあります)。ヘタがしおれていたり皮の表面にシワがあるものは収穫してから時間が経っています。

茄子の保存方法

冷気と乾燥が苦手なので新聞紙などに包んで涼しい冷暗所、または冷蔵庫の野菜室で保存します。室温の場合2日くらいは持ちますが、気温の高い時期や少し長めに保存したいときは冷蔵保存のほうがよいでしょう。冷蔵する場合は、新聞紙で包んでポリ袋に入れて野菜室へ。ただし冷やしすぎるとかたくなり味が落ちるのでなるべく早く食べましょう。

旬菜ichiba陣屋門のシェフおすすめメニュー

あのみのりとアスパラのピザ

果肉がしっかりしているあのみのりを使った少しピリ辛なピザです。

新鮮なあいみのりを使ったっレシピ

お問合せ

<スーパー・飲食店・病院・介護施設の方>
食材の仕入れ【アイ・エフ・シー】
TEL 0299-24-1601 FAX 0299-23-5821
<お食事の方>
レストラン部門【旬菜ichiba陣屋門】
 TEL 0299-56-4088

<生産者の方>
地場の野菜・果実を扱う卸売市場【石岡中央青果】
TEL 029923-6121 FAX 0299-23-8252

詳しいお問い合わせはこちら

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top