Read Article

甘藷

甘くて美味しい茨城県産の甘藷

焼き芋や天ぷら、スイートポテトなどいろいろな調理法が楽しめて、ホクホクと甘くておいしい甘藷。豊富な食物繊維により、腸の調子を整えてくれるのも魅力です。
東日本では「ベニアズマ」が主流で、西日本では「鳴門金時」など「高系14号」のものが多く流通しています。
グループ会社の石岡中央青果市場では、地元茨城県産の「紅はるか」も取り扱っております。

甘藷が多く出回る時期

9月~5月頃

甘くて美味しい茨城県産の甘藷畑です

甘藷の見分け方

皮に張りがあり、均一な色をしているのがよい甘藷です。傷やシミ、シワがあるものは避けたほうがよいでしょう。表面に蜜が浮いて固まっているものは糖度が高いといわれています。ひげ根の多いものは繊維が多い傾向にあるので、食物繊維を多く取りたいならひげ根の多いもの、なめらかな口当たりを求めるならひげ根の少ないものを選ぶとよいでしょう。また細い甘藷は、ずんぐりと太っているものに比べて繊維が多いといわれます。

甘藷の保存方法

低温と乾燥に弱いので、冷蔵庫には入れず、新聞紙に包むか段ボール箱に入れて、風通しのよい冷暗所で保存します。13~16度くらいが適温です。また芋掘りなどで新鮮なものを入手したときは、収穫直後に食べるよりも5~10日ほど風通しのよい場所で陰干ししたほうが甘味が増します。

旬菜ichiba陣屋門のシェフおすすめメニュー

オーブン焼き芋

甘くて美味しいさつまいもメニュー

お問合せ

<スーパー・飲食店・病院・介護施設の方>
食材の仕入れ【アイ・エフ・シー】
TEL 0299-24-1601 FAX 0299-23-5821
<お食事の方>
レストラン部門【旬菜ichiba陣屋門】
 TEL 0299-56-4088

<生産者の方>
地場の野菜・果実を扱う卸売市場【石岡中央青果】
TEL 029923-6121 FAX 0299-23-8252

詳しいお問い合わせはこちら

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top