時代劇好きはワープステーション江戸へ!!!

茨城県つくばみらい市にあります『ワープステーション江戸』に行ってきました。

こちらは時代劇の撮影する施設です。

9ヘクタールの敷地に
とゾーンが分かれています。

入口には、

IMG_1346

無事に撮影が出来るように御神燈がおかれています。

IMG_1331

タイムスリップした気分になりますね。

江戸町屋ゾーン

江戸の生業を支えた大店郡の江戸町屋ゾーンです。

IMG_1336IMG_1337

こちらは吉原としてよく使われていて、「JIN-仁」でも中谷美紀が花魁役で歩いたりしてたようです。

時代劇の吉原はここで撮影するのが多いそうです。

IMG_1338

こちらは大店街で殺陣シーンを主に撮影します。

長屋オープンセットゾーン

次に、庶民の営みと人情がつたわる長屋の佇まいを再現しています。

IMG_1332

よく洗濯や井戸端会議などをやっているのに使われるようです。

IMG_1334

こちらも「JIN-仁」のコロリの回で使用された部屋です。
ほかにも「鼠、江戸を疾る」でタッキーがお金を撒くシーンでも使われたりしました。

下町オープンセットゾーン

時代の息吹を感じる東京の街並みを再現しています。

IMG_1333

天海祐希さん主演の時代劇で使用し、撮影時では柵を竹に作り替えて撮影したそうです。

江戸城ゾーン

江戸城を中心に展開される威風堂々の趣。

IMG_1339

この風景も見た事ありますよね。

武士の暮らしがここにあるのですね。

宿場オープンセットゾーン

下町風情あふれる数々の歴史ドラマ名作のステージ。

IMG_1341IMG_1342

小橋のある街道筋。

IMG_1340

こちらは室町時代の武家館。

ここは立ち入り禁止で近寄れませんが、

IMG_1343IMG_1345

この洋風な建物は現在放送中の「花子とアン」で使用されています。

この日は撮影はやっていませんでしたが、施設に電話して、撮影があるかないかだけ教えてくれるそうです。

詳細は教えてくれませんが。

もしかしたら、近くで大物俳優さんの演技を見学出来るかもしれませんよ。

大好きな俳優さんに会う為に10日間、毎日通いようやく会えた方もいたようですよ。

平成から江戸へとタイムスリップしてはいかがですか。

コメントを残す

おススメスポットやおもしろ情報がありましたら、ぜひ教えてください。
取材に可能な限り伺います! 皆様と共に茨城の魅力を伝えたいと念願しています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ